2008/4/29 火曜日

サウスポイント

カテゴリー: おぼえ書き, どくしょ — ryu @ 1:04:36

よしもとばななさんの新刊。

白石一文さんの「この世の全部を敵に回して」を先に読み始めていたんだけど、小説風エッセイの重さに耐えきれず、追い越して読了。

以下、ネタバレ有り。

読んでる途中で何となく「もしかしたらそうなのかな?」というのも有ったけど、よしもとばななさんがそういう設定好きだから「また同じ設定にして…」と思ったりもしていた。

正解は、あとがきの1行目にちゃんと書いてある。
「ハチ公の最後の恋人の後日談です。」と。

よしもとばななさんの「ハチ公の最後の恋人」
俺の中で一番好きな本としてかなりの期間、君臨していた。

「ハチ公の最後の恋人」が出版されたのは1996年でもう12年?!。

大崎善生さんの「パイロット・フィッシュ」も好きだけど
年期が入ってる分思い入れもひとしおだったり。

サウスポイントの時代設定はハチ公からざっと2,30年ぐらい後…かな。

「ハチとまおちゃんはもう2度と逢わないだろう」
という未来を想像していて自分のこの現状も肯定していただけに、
こうあっさり再会して子供なんかいちゃったりする未来に
ちょっとやられた感。

10年とかの時を経ても信じて、
再会して頑張ろうと思ったけど、
うまくいかなかったやつがここに一人。

んー、なんていうか。

がんばれ、俺(笑

2006/2/14 火曜日

誰か教えて?

カテゴリー: どくしょ — ryu @ 1:06:43

リリーフランキーさんの本も読んでたりするけど、
一瞬の光読み返してたり。

生の最中、我々は死の中にいる。誕生の瞬間から常に人間は、いつ死ぬか解らない可能性がある。そして、この可能性は必然的に遅かれ早かれ既成事実になる。理想的にはすべての人間が人生の一瞬一瞬を、次の瞬間が最後の瞬間となるかのように生きていかなければいけない

というのが、Arnold Toynbee著「study of history」に書かれており引用されているのですが原文ご存知の方いらっしゃったら原文、教えてください。

2006/1/22 日曜日

王国その3

カテゴリー: どくしょ — ryu @ 23:26:42

読了

2005/12/10 土曜日

みずうみ

カテゴリー: どくしょ — ryu @ 1:04:14

読了

2005/12/8 木曜日

みずうみ

カテゴリー: どくしょ — ryu @ 23:19:18

読み始め

36 queries. HTML convert time: 0.371 sec. Powered by WordPress 2.8