2006/1/3 火曜日

カテゴリー: Skype — ryu @ 15:37:05

 左のグラフはSkypeのオンライン数とその地域を推測するための物。上段はとある2日間(0時~翌24時)のオンライン数、ダウンロード数の推移、下段は世界地図。左右反転させて時差を考えるために1日(24時間)で世界一周するようにスケーリングしています。この地図とグラフで全世界同じ時間帯にオンライン数のピークが来ると仮定した場合のその時間帯を推測することが出来ます。
 グラフに対して世界地図を左右してSkypeのユーザが多いと言われている地域がオンライン数の山になるようにずらして試行錯誤の結果、この位置でしっくり。グラフはJSTで書いているのでその時の日本の位置の時刻→21時頃が世界的にオンラインユーザが多いと言うことになるかな。8月・9月のグラフを見るとピークが2山に分かれてるのもこの配置が正し事を物語っているかもしれません。
 右下の週次のグラフから平日の方がオンライン数が多いのでビジネス利用が多いと思いきや時間帯から考えるとやはり非ビジネスユーザの利用が多いと言うことになるかと思います。
 Skypeを使うにはやはり家でという状況が多いため週末家を空けていると使わないということ?かなと思ったりもします。オンライン数はこれからも蓄積していきますが旧正月とか地域的に休日がある場合のグラフの動きを見ればこのはめあわせが正解だったかどうか検証できると思われます。

419 件のコメント

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード トラックバック URL

コメントフォームは現在閉鎖中です。

37 queries. HTML convert time: 1.170 sec. Powered by WordPress 2.8